◉研究領域:アートマネジメント、文化環境研究

◉プロジェクトの一言紹介:地域社会での多様な表現を通した次世代の社会と芸術の関係の創造

専任教員:熊倉純子
2012年度ゲスト講師:森司(東京アートポイント計画ディレクター)

授業の進め方:各地の地域密着型アートプロジェクトへの参加が中心。参加するアートプロジェクトは以下から学生(院生・研究生を含む)が自由に選択する。月に1度、理論の勉強や研究報告、各企画の進捗報告を行う。学生の関わっているプロジェクトは以下の5つに分かれている。

◎取手アートプロジェクト
活動場所:茨城県取手市
取手市、市民、東京芸大の3者によるアートプロジェクト。2010年度から大きなイベントを軸に活動するフェスティバル型を脱し、問題意識に基づいた活動を続ける真の意味でのプロジェクト型に転換して活動を続けている。

◎谷中のおかって
活動場所:台東区谷中周辺
若手アーティストや公募で集まった表現者たちが谷中のまちからインスピレーションを受け、谷中のあちこちでさまざまな企画を繰り広げる。
訪れた人々にも「ぐるぐる」が沸き起こり、「ヤ→ミ→」となってまたどこかへ歩き出す。
の無限連鎖こそが「ぐるぐるヤ→ミ→プロジェクト」。

◎AAA(アートアクセスあだち)
活動場所:足立区千住地域
足立区の地域資源を活用して、アートを通じた地域文化の形成と創造発信を目指す。
足立智美・大友良英・大巻伸嗣・野村誠らのアーティストが中心となる「音」をテーマにした住民参加型アートプロジェクト。

2012年現在、以下の2プロジェクトは学部生は参加していないが芸術環境科の院生が参加している。

◎小金井アートフル・アクション!
活動場所:小金井市
小金井市芸術文化振興計画推進事業として、市民がアートと出会うことから、心豊かな生き方を追求するきっかけをつくりだすことを目指す。このプロセスを市民、学生、アーティスト、大学、行政が 共有、協働することで、市民のエンパメントと組織の成長を促進。

◎北本ビタミン
活動場所:埼玉県北本市
市民と行政、アーティストが行っている共同プロジェクト。アートによる地域や市民の触れ合いを通じて、新たな創造の場を与えることで、まちの日常風景や、人、活動などから、北本の"ビタミン"となる独自の文化を生み出し根付かせていくことを目指しています。

[閉じる]