オンガクカンキョウソウゾウカ?

限られた時間で何を学ぶか
新進気鋭の劇伴作曲家に迫る
プロジェクト1出身 2007年入学 羽深由理さん
現・(株)カレント 劇伴作曲家/編曲家

2007年、東京藝術大学音楽学部音楽環境創造科に入学後、主にアニメーションの映像音楽を研究し、数々の作品に音楽で参加する。
2012年、修士二年在学中に TBS「ATARU」の音楽を担当し劇伴作曲家としてデビュー。

夢の『劇伴作曲家』デビュー

――今現在のお仕事について教えてください。

(株)カレントで劇伴作曲家、編曲家として働いています。

――今の職に就かれるまでの過程を教えてください。

修士一年の時、本格的に就職活動をしようと色々な事務所に売り込む準備をしていた矢先、アニメーションの仕事でお世話になった方から「ドラマ音楽等を制作している知人の会社にデモを出してみないか」と声をかけて頂きました。テレビドラマの音楽は元々やりたい仕事だったので、迷い無くデモを送りました。まだ在学中ということもあり、テスト採用された後に専属契約作曲家として、今働いている会社でお仕事をさせて頂くことになりました。 その後、修士二年在学中に劇伴作曲家としてデビューし、院修了と同時に正社員として採用されました。

――作曲家になるという決心をされたのはいつ頃ですか?

大学二年の終わりです。

一般大学か、ヴァイオリンか、作曲か。

――大学に入学するまでの経歴についてお聞かせください。

4歳からヴァイオリンを習い、高校ではオーケストラに所属し、コンサートミストレスや指揮者を務めていました。作曲は独学でやっていました。 進学校に通っていたので、大学は主に一般大学を受験し、音環受験のための勉強は一般受験の勉強と並行してやりました。

――ヴァイオリンを習っていたとのことでしたが、ヴァイオリンで音大に進むという考えはありましたか?

高校生の頃、そう考えていた時期がありました。芸大に入ってからも副科でヴァイオリンを習い、ヴァイオリン科の大学院受験を考えた事もありましたが、大学二年の終わりに作曲一本に絞りました。

――どのような展望を持って音環を志望したかをお聞かせください。

高校時代にクラス対抗の演劇があり、そこで私は音響監督を務めました。その時にサウンドトラックを沢山聴いて選曲するという作業をして、劇伴音楽に興味を持ちました。ヴァイオリン演奏だけでなく元々音楽鑑賞が好きだったので、大学で音楽が学べたらこれ以上のことは無いと思っていました。

――受験の時の面接では何をされましたか?

打ち込みで用意したピアノ伴奏に合わせて、自作曲をヴァイオリンで演奏しました。

幅広く学べる『音環』

――学生時代の活動が今の自分(や仕事)に与えている影響についてお聞かせください。

所属していたプロジェクト1では、主にアニメーション音楽の研究、実践をしていました。映像に合わせて音楽を付ける、人と一緒に作品を作るという経験は今の仕事に充分生かされていると思います。それだけでなく、サラウンド音響作品の制作やMax、ジャズ理論等、幅広く授業で学んだことが仕事の色々な場面で生かされていると感じます。

――卒業制作として、大桃洋祐監督のアニメーション作品 『小さな灯り』 の制作に携わったとのことですが、制作時の話を伺いたいです。

卒業制作では音環でしか出来ないことをしたいと考え、制作、演奏、録音エンジニア、音響効果、声優、アニメーション、計40人以上の学生に協力をして頂き、全て生音で音楽を作りました。

――音環で学生時代を過ごしたことのメリット・デメリットについてお聞かせください。

専門分野を持ちながらも、音楽ビジネス、音響・録音等を幅広く学べたこと。また作品制作において、ゼミを跨いで意識の高い友人たちと協力することで、音響作品から映像作品、インスタレーション、舞台作品まで挑戦できたことです。環境の良いスタジオで録音・編集作業が出来たのも大きなメリットです。

――音環でしかできなかったこと、やり残したことについてお聞かせください。

大きいスタジオでの大人数の録音(私は40人編成で録音しました)。社会に出てからなかなか出来ることではないと思います。

今後のこと、学生へ一言

――現状に満足しているかについて、お聞かせください。

大学、会社と、人に恵まれ、環境に恵まれたことには大変満足し、とても感謝しています。自分自身はまだまだ勉強不足なので、これからも精進します。

――後輩や受験生に一言、お願い致します。

音環で出来ることは人それぞれ違います。限られた時間で何を学ぶか、その見極めが大事だと思います。先生や友人に沢山頼って、有意義な学生生活を送ってください。 (了 2013年12月)

◎告知

TBSドラマ「クロコーチ オリジナル・サウンドトラック」2013年12月4日発売。よろしくお願い致します。 (http://www.amazon.co.jp/dp/B00FJ8ZRQ0

 

◉プロフィール
1988年生まれ。
2007年、東京藝術大学音楽学部音楽環境創造科に入学後、主にアニメーションの映像音楽の研究、数々の作品に音楽で参加する。
2012年、修士二年在学中に TBS「ATARU」の音楽を担当し劇伴作曲家としてデビュー。
その後、TBS「黒の女教師」、フジテレビ「ラストシンデレラ」、フジテレビ「カラマーゾフの兄弟」、TBS「クロコーチ」などのドラマにも楽曲提供。
2013年、東京藝術大学大学院を修了。現在、ドラマ、アニメを中心に楽曲制作活動をしている。

 

[目次]

当サイトの著作権は各記事のインタビューイ・作成者にありますが、TwitterやFacebookで情報を共有していただけるとうれしいです。
Twitter ID: @onkantecho_2013

音環手帖