オンガクカンキョウソウゾウカ?

作曲から録音、サウンドデザインまで
学部2年生として、様々な可能性の中から
自分がやりたいことを探していく
プロジェクト3 学部2年 りささん

自己表現の面接のときには、作曲を志し、プロジェクト1を志望していたりささん。そんな彼女がプロジェクト3に入り、学部2年生になった今、学部1年生の1年間を振り返りながら、りささん自身の将来と来たる新入生へのアドバイスを語る。

「高校の時は音環に入るのが目標だったんです」

――まずは、りささんについて聞いていきたいと思います。入学前の音楽スキルはどのくらいあったんでしょうか?

ピアノは小学校のときにやってたんですけど、2年と半年ちょっとくらいでやめちゃって。3年生の後期くらいから6年生の前期なので、約3年くらいですね。あと、ギターは中学3年から高校3年の前期まで習ってました。部活だったら、ハンドベルは中学2年生から高校2年生までやってました。

――音楽スキルはあったんですね。そこからどうして音環を受験したんですか?

わたし某私立大の姉妹校の高校に通ってたんですよ。だからそのまま上に行く事も考えたんですけど、じゃあ大学で何なら勉強していいかなーって考えた時に経済とかそういうの全然興味なくて。でも「音楽」なら大学で勉強しても楽しそうだなあって思ったんです。音環を調べたらプロジェクトとかたくさんあるし、なんか入ってからいろいろ決められるっていうか、可能性がいっぱいあるように見えたんですよ。なんにも決まってなくても、曖昧でもふわっと入れちゃうっていうか。ほんと、高校の時は音環に入るのが目標だったんです。他の私立音大はピアノが必要だったんでやめました。

――では、受験の自己表現なにしましたか?

まず、プレゼンテーション、演奏、パフォーマンスの中から、演奏を選びました。ステレオのスピーカーワンセットとちっちゃいモノラルスピーカーを2個、iPod3つ、あとハンドベルを使って演奏しました。ステレオのスピーカーは先生方の前にどんどんって置いて、モノラルスピーカーの1つとステレオスピーカーで三角形ができるように置きました。残り1つのモノラルはわたしが持って、さらにわたしは高校から勝手に借りたハンドベルを、ちょっと遠慮して壊れたものを持っていったんですけど、それを持ってハンドベルをうちながら、ぐるぐる回りました。ほんとは歌いたかったんですけど、ハンドベル持ちながらだと歌えなかったので、手で持ってるスピーカーに声入れてやりました。曲は、ミュージック・コンクレートみたいな感じでしたね。スピーカーごとにパートがあって、タイミングよくスタートボタンを押していって。もともとMacに入ってるソフトのGarageBandで作りました。録音はふつうに録音機で、高校の朝の礼拝を勝手に録音したりしましたね。こんな感じで、面接ではプロ1って言いました。西岡先生はぴくりとも動きませんでしたけど(笑)。

「作曲はまあ自分でやろうかなって思ったんです」

――そこからどうしてプロジェクト3にしたんでしょうか?

入った時とか、入る前は、ここの設備がすごくいいから、ここの設備を使い倒したいなって思って……。わたしはですけど、考え方はみんな違いますけど、わたしは作曲はまあ自分でやろうかなって思ったんです。それよりも録音とか機材の使い方を習ったほうがいいかな、と思って。だから、曲作ったりは今もしてます。指導してくれるひとはいないけど。友達に日芸の映画学科の人がいて、その人に依頼されて、作ることはあります。

――具体的に、プロジェクト3で勉強したいことはなかった、ということでしょうか。

去年は、パイプオルガンの音響がしたかったんです。教会とか。高校にパイプオルガンがあったので前々から興味がありましたね。でも今は大学に入って映像の音楽とか音響に関わっていくうちにシフトしていってますね。だから今年のアートパス(*1)も多分映像のサウンドデザインをすると思いますし。

――今、興味があることはサウンドデザイン?

映画の音楽をやってたから、映画の音づくりに興味ありますね。映画っていうか、映像とかアニメーションとか。そうですね、サウンドデザインに興味あります。だから映画はときどき見に行きますね。ミニシアターとかに。大学に入ってからは映画を見るときも音を意識して見るようにはなりました。あとは、プロ3とは関係ないんですけど、イベント行ったりライブ行ったり。もともとプロ5にも興味があって。毛利先生系のシンポジウムとかトークイベントにも行きますね。今のところ、特に活かすところはないんですけどね(笑)。

――基本的にはサウンドデザインに興味があるんですね。サウンドデザインに対するこだわりとかあるんですか?

うーん。アニメとか映像って生音を使うのが主流じゃないですか。実際に録ってきた音を使うっていうか。でもそういうの違うんじゃないかなって思ってて。漠然としてるんですけど、絵に合った、ちゃんとした音づくりをしたいなって思ってます。なんにも考えないでその音を録りに行く、みたいな作り方はしたくないですね。だから、ちゃんと考えてやりたいなって思ってます。まあ、ほんと、今は、ですけど。

「プロ3は比較的きっちり時間割が決まってます」

――それではプロジェクト3について聞いて行きたいと思います。今は何してるんですか?

プロジェクト3はきっちり時間割が決まってるんです。朝から聴能形成っていうイヤートレーニングを1時間、数理の勉強を1時間して、お昼からは2、3年生と1年生に別れて亀川先生の録音の授業、丸井先生の音響心理学の授業をそれぞれ受けて、最後にみんなで試聴会っていう個々人の成果を発表する場があって終わりって感じです。プロ3は比較的しっかり時間割が決まってる方だと思いますね。亀川先生の方は、主に、録音の実習を重ねているところじゃないですね。具体的には、ピアノですよね。1年生のときは、マイクたててみよう! とか、こんな音とれたねー!とかけっこうゆるく基礎を学んだ感じなんですけど、2年生になってからは、研究じゃないですけど、マイク幅を変えたらどうなるか、とか、レコーディングアングル、クリティカルディスタンス、とか、具体的になってきましたね。今後録音していくのに、理論的に考えられるようにするための勉強を実践を通して身に着けていく感じじゃないでしょうか。丸井先生の方は、1年生からずっと引き続きだけど、ovtaveっていうフリーのプログラミングソフトをつかった、プラグラミングの勉強をしてます。今は、octaveでパンニング(*2)を作ってみよう!っていうのをしてます。わたし私立文系だったのであんまり数学勉強して来なかったんですけど、プロ3は結構数学っぽい勉強が多くて、ちょっとつらいです(笑)。

――学外活動ってなにかされてますか?学外、というか授業外、というか。

同期が映像をやりたいって言ってるんですよ、アニメに音楽付けたいとか、映像をとりたいとか。それのサウンドデザインとか、音響をこれからやるかもしれないです。あと、デザイン科の人の実写映画の助手として、サウンドデザインに参加するかもです。サウンドデザインっていうか、現場の録音らしいですけど。あと、プロ3の2年生はみんなやるけどアニメーション科の修了制作のサウンドデザインもします。ほんとボランティアですけど高校のハンドベル部にコーチにいったりもしてます。

「1年のうちは音環生を叩き込まれる」

――次に、1年生のときの1年間を教えて下さい。

まず、入学したら「スタディスキル」という授業があります。スタディスキルっていうのは、プロジェクトを決める前の、大学生入門みたいな授業ですね。最初は上野公園散歩して、藝大の歴史を知るところからはじまり(笑)。研究企画書つくったり、レポートの書き方、ノートのとりかた、フィールドワーク……。あと、アートパスについて先輩方とお話したり。なんかもう音環入門編みたいな感じです。スタディスキルが4月から6月終わりまであって、6月の終わりに、5人の先生方と面談するんです。どこのプロジェクトに入りたいのー?学校大丈夫ー?みたいな。そこで希望を提出したら、プロジェクトに入れます。

――入ってすぐのプロジェクトってなにするんですか?

入ってから夏休み前までは、ミキサーの使い方でしたね。亀川先生の授業は。スチューダーっていうミキサーを使って、こうやって録音するんですよーって実際にマイクを立てて勉強しました。丸井先生のプログラミングは、本当に簡単な計算から始まりましたね。2+2はーから(笑)。あと、夏にプロ3合宿があるんです。山に行って、フィールドレコーディングして、その材料を使ってオーディオドラマつくって、スピーカーもつくってっていう。まあ大体遊んでましたけどね。そういえば夏休みに、ステレオ作品を一つ作ってこいっていう課題がでて、一年生みんなでオーディオドラマをつくってみましたね。合宿で作ったから、作れるんじゃないかって。みんなでつくりました。今聞くとすっごい恥ずかしいですけどね(笑)。

――夏が終わるといよいよアートパスですが1年生はなにするんですか?

週1でアートパス会議が始まります。……あ、学校が始まる前に横浜にある大学院の1年生のアニメ科のプレゼンがありましたね。アニメを作っている人のプレゼンを聞いて、自分がサウンドデザインでお手伝いしたい作品を選ぶんです。1年生は2年生や3年生のサポートとして参加させていただいた感じですけど。アートパスでこのアニメのサウンドデザインを作品として出す先輩もいらっしゃるので、ここからアートパスの作品作りは始まってます。ほとんど同じ時期に、加藤訓子さんという打楽器奏者の人が来て、スティーブ・ライヒの曲の録音も授業でしましたね。アートパスで演奏会をする、ということでその準備の録音でした。そしてすぐ、合唱の録音をしました。プロ3の1年生はアートパスにみんなで1つの作品をださなくちゃいけないんです。だから私たちは2つのグループに別れて、合唱をそれぞれのグループで一生懸命編集しました。いや、でもなんか忙しかったですね。

――1年生でも忙しいんですね。

そうですね。自分たちの作品の編集作業にアートバス委員にプロ3の仕事にって感じで。1年生は主に運営でしたね。受付とか、第二講義室の見張りとか、案内とか。あんまり見てまわる時間とかはありませんでしたし、アートパス前の2週間くらいは心休まる時がありませんでした。で、まだ終わらないんです。

――まだあるんですか!

1月になったら、研究発表というのがあります。1人ひとりが先生や先輩方の前で今年1年なにを勉強してきたのかをプレゼンします。わたしは、アートパスにだした合唱の反省を発表をしました。ほんと、始まる前は1年生全員死にたいみたいなムードが漂ってましたけど(笑)。思ったより穏やかに終わりましたね。先生方も先輩方も優しかったです。そのあとプロ3納会がありました。普通に御飯食べて騒ぐっていう。で、最後にプロ3の先生と面談して終わり、です。こうやって見ると1年長かったですねー。一瞬だった気もするんですけどね。

――1年振り返ってみてどうですか?

うーん。なんか思ったんですけど、1年のうちは音環生を叩きこまれるのかなって。音環時間(*3)とか。いや、音環時間は廃止すべきですけどね! なんか、もっと知識をつけなくちゃですね。教養がある人になりたいです。もっと映画みたり本読んだり美術館行ったり、インプットしていきたいですね。

「進路決まってないです。全く就活は考えてない」

――では、未来の1年生にアドバイスをお願いします!

時間割の組み方としては、あんまり間を開けないほうがいいと思います。1限5限とかでとらないほうがいいです(笑)。あと芸術情報特論はとったほうがいいと思います! いろんな人が来てくださるんです。渋谷慶一郎さんとか。大友良英さんとか。いろんな人くるから面白かったです。(プロジェクト3は)録音だから、録音の授業をいっぱいとってもいいけどいろんなのとったほうが楽しい気がします。他の学科の人とも話せたりするし。特に千住は校舎が違うから。隔離されちゃってるので。あと、藝祭、はー……ね。

――藝祭?

1年生の時、藝祭委員をしたんです。わたしはイベント科だったんですけど……忙しかったですね。辛いとは言わないですけど! 大変でしたね。手伝ってくれる人もいましたけど……。イベント科のなかの、私はシンポジウムをやろうっていう班で、3日間で4つシンポジウムをしました。その4つ全部の企画と運営をさせていただきました。最終的な取りまとめは代表がやって下さったけど、オファーとか、企画とか、予算とか、スケジュールとかは、やりました。あと機材やりました!4日間の音響、PAですね。藝祭って9月なんですけど、プロジェクトが始まるのって7月なんですね。しかもすぐに夏休みになっちゃうんですよ。だからプロジェクトが始まって1ヶ月もしないうちに、PAを任されちゃって……。音響はほぼやったことない状態だったのに。なので、AMC (芸術情報センター) の城先生に聞いてなんとかやりきりました。めっちゃ良い人でした!AMCの人みんな良い人です! でもまあ運営は企画から実際にやるまで関われて、全部見えたので、そこは勉強になりましたね。

――未来の一年生にイベント科はおすすめですか?

やってもいいと思います。ただしとても大変です。きつかったけど、学ぶことはあります。絶対やったほうがいいよ! とは言いませんけど。

――なるほど。あと1年生が気になるところと言えば進路ですけど……。

進路決まってないです。全く就活は考えてない。いや、無理だろって思って(笑)。なんていうか、今はまだ就職にまで頭が回らないんです。1年生のときと今でさえ興味があることが変わってるのに、就職どころか卒制もまだまだ考え中ですね。

――では最後に、音環に入って変わったことってありますか?

一見、音環って何やってるかわからないじゃないですか。高校の時点で、とりあえず音環入りたい、しか考えてないかったんですけど、音環入ってからはこういういろんな勉強することがあるって知れたので、もしなにかがやりたいって思った時に、今の自分に足りないものというか、今の自分が音楽の活動を続けていく上で身につけるべきスキルみたいなのをどう磨くかっていうのが具体的に浮かび上がってきたかな、って思います。ちょっとづつでも興味あることに具体性がでてきたから、自分に足りないものが見えてきたって感じです。んー、あと思うのは、音環生ってやっぱり特殊ですよね。

――音環生ってどういう人ですか?

思ってたより、真面目な人が多いです。もっとイカれたやばい人がいると思ってました(笑)。意外にちゃんとしてるっていうか。もっと爆発してるかと思ってたんです。だからがっかりしたとかじゃなくて単純に、真面目な人が多いなっていう印象です。音環って器楽科とかみたいに1つのことに一直線! って感じじゃないのでちょっと他の学科より、自分のやりたい事を自分できちんと設定して方向付けしなくちゃいけないかな。やっぱり1月に研究発表があるので客観視せざるを得ないんですよね。

――りささんは爆発してる音環生ですか?

うふふ(笑)。 (了 2012年7月)

 

*1 アートパス 12月に行われる、学外に向けた研究発表会。それぞれが自分の作品を発表する。

*2 パンニング 音の定位を設定すること。例えば、ステレオの場合、右から左の範囲でどこから音が聞こえてくるかを決めること。

*3 音環時間 音環生が20人いたら、9時から始まる授業に8時50分に来る人が2人、9時に来る人が5人、9時15分までにくるのがさらに5人。残りの8人は10時までにぱらぱらとやってくる。そんな音環生の体内時計のこと。

履修科目

 

[目次]

当サイトの著作権は各記事のインタビューイ・作成者にありますが、TwitterやFacebookで情報を共有していただけるとうれしいです。
Twitter ID: @onkantecho_2013

音環手帖